“ここに居ていい”という安心感

yogaの指導者の仲間入りをするために最初に学んだティーチャートレーニングのテキストとメモ、写真を見返していると、その都度必要な新しい気づきや学びの助けを得られて、感謝と尊敬と幸せが入り混じったようなそんな充足した気持ちになります。

 

正直、中には

「あれ、こんなことも教えてもらっていたんだ!?」

なんてこともあるのですが(笑)、

 

yogaを始める前から心のどこかで望んでいたであろう自分の在り方や、yogaを始めてからこう在りたいと思う在り方と

 

テキストや担当してくださった講師・スクールの方向性、ともに学びを深めたkula[仲間]との繋がりとが、根っこでとてもマッチしていることにもいつも驚かされます。

(僕がyogaを始めた理由や指導者になるに至った経緯もいつか文章におこしたいですね。偶然や必然ってなんだろう、とか。)

 

そんな復習と前進の中で、最近特に意識が向くのが「”ここに居ていい”という安心感」を覚えてもらえるようなクラス作りができているだろうか、ということ。

 

さまざまな方が、それぞれのバックグラウンドと目的、感情や思考などをもって参加してくださるクラスで、どなた様へも公平に、歓迎と感謝の気持ちの温かさを伝えられているだろうか。

 

最初のあいさつや声かけ、表情はもちろん、クラス後までの言動を今日も振り返ります。

絶対的な正解があるとは思っていません。だって、毎回が十人十色ですから。それに、指導者も一人間です。

それでも、だからこそ試行錯誤の探究心が生まれるし、その結果自身のキャンバス自体が広がっていくような楽しさもあります。

 

そして何より、yogaを始める前、自分自身が身を置いていた環境に違和感を覚えながらも「いや、自分の方が間違っているんじゃないか」と不安と葛藤ばかりを抱えていた自分に対して、”ここに居ていいんだよ”と温かく迎え入れてくれたのが、このティーチャートレーニングだったんだなと、今このblogを書きながらまた新しく気づかされました。

 

この安心感が、あきっぽいと自他ともに認識されていた僕がyogaを続けている、実は、大きな理由の一つなのかもしれないという思いにさえ至ります。

 

お互いに生身の人間である以上、相性という観点はとても大事だと僕個人は考えていますが、それを加味しても、「”ここに居ていい”という安心感」を覚えてもらえる在り方の探究は続けようと、また一つ学びの助けを得たのでした。

 

 

Instagram @yut8yoga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です